コラム

玄関ドアの注文・リフォームは車椅子の幅を考慮した設計を

玄関ドアの注文・リフォームは車椅子の幅を考慮した設計を

さまざまな建物でバリアフリー化が進むなか、自宅玄関ドアのバリアフリー化を検討する方も多いでしょう。

主な玄関付近のバリアフリーとして、スロープやや手すりがありますが、車椅子利用者がいる場合、それだけでは不十分です。

大事なのは車椅子の幅を考慮した設計。

今回は、車椅子利用者のために、玄関ドアをどのような設計をするべきなのか解説します。

 

主な車椅子の幅

主な車椅子の幅

主な車椅子の幅は、手動のもので630mm、電動のもので700mm以下とです。

つまり、少なくとも630mm以上の幅の玄関を作らなければいけません。

また、新バリアフリー法では、玄関出入口の幅を80cm~120cmにするように定められています。

 

建物の出入口、居室の出入口などは 車いすで円滑に利用できるようにす ることが必要です。出入口の幅と前 後のスペースを確保してください。
■ 玄関出入口の幅(1以上) 80cm 以上 120cm 以上
■居室などの出入口 80cm 以上 90cm 以上

引用:バリアフリー法(建築物関係)に関するお問い合わせ先について

 

たとえば、手動車椅子が630mmだった場合、630mm丁度の幅では、ギリギリ通れる幅になってしまうため、通りやすい幅ではありません。

車椅子利用者が余裕を持って通れる幅として、80cm~120cmが必要なのです。

 

有効幅を考えた玄関設計

有効幅を考えた玄関設計

玄関周辺は、有効幅を考えて設計を作りましょう。

有効幅というのは、実際に人が通れる、使える幅のことを指します。

車椅子利用者にとっては、負担を感じずに出入りしやすい幅と考えて良いでしょう。

また、出入りできればそれだけで良いかというと、それだけでは不十分です。

以下のようなことも考えておきましょう。

  • 直進スペース
  • 車椅子で方向転換をするためのスペース
  • 外用車椅子を収納するスペース
  • 車椅子に乗り移るスペース

出入りできるだけの幅があるだけでは、車椅子での方向転換や乗り移りが難しくなってしまいます。

窮屈なスぺースでの方向転換や乗り移りは、負担を与えるだけではなく、転倒の可能性があるため、注意しなければいけません。

車椅子利用者がこれらのことをしやすいスペース、介助してもらいやすいスペースは、以下を参考にしてください。

  • 幅……2100mm以上
  • 玄関土間奥行……1200mm以上
  • 玄関アプローチ奥行……1500mm以上

これだけのスペースがあれば、負担なく玄関を利用できるでしょう。

 

車椅子利用者が通りやすい玄関ドアとは?

車椅子利用者が通りやすい玄関ドアとは?

車椅子利用者が通りやすい負担のないドアは、車椅子の幅を考慮した有効幅はもちろん、自動ドアもおすすめです。

車椅子利用者にとって、玄関ドアを開閉することは、とても負担のかかる行動となります。

強く引っ張ったり、力を入れて押すことは、転倒の原因になる可能性もあるのです。

自宅のバリアフリー化を考えるのであれば、自動ドア化も検討してみてください。

 

車椅子利用者にとって現実的なバリアフリーを

車椅子利用者にとって現実的なバリアフリーを

バリアフリーのために玄関のリフォームを考えているのであれば、まず有効幅を確認してください。

バリアフリーというと、スロープや手すりを最初にイメージしてしまいがちです。

しかし、スロープやバリアフリーがあっても、玄関ドアの有効幅や玄関に十分なスペースがなければ、車椅子利用者の負担は軽減できません。

もちろんスロープも重要な役割を担っていますが、家の出入り口である玄関のスペースは、まず先に考えるべき部分です。

もしご自宅に車椅子利用者の方がいるのであれば、本当に暮らしやすくなるような、現実的なバリアフリーを考えていきましょう。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 当社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

電話での相談はもちろん、補助金に関することもお気軽にご相談ください。

また、 2021年6月現在、コロナウィルスの影響により、実際に店舗まで行くのを躊躇ってしまう方もいるでしょう。

当社はオンライン対応していますので、実際にどんな仕上がりになるのか気になる場合は、オンラインでご説明します。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

老後
自動ドア・バリアフリーにも関連するSDGs|住み続けられるまちづくりを
神社
コラム一覧