コラム

自動ドアのメンテナンスは必須?メンテナンスの費用相場は?

自動ドアのメンテナンスは必須?メンテナンスの費用相場は?

自動ドアを取り付けると、メンテナンスが必須だと思っていませんか?

確かに、店舗につけるような自動ドアには、メンテナンスは必須です。

しかし、そこまでメンテナンスを必要としない自動ドアもあります。

今回は、自動ドアのメンテナンスについて解説するので、自動ドア設置に不安がある方は参考にしてください。

 

自動ドアのメンテナンスを行う理由

自動ドアのメンテナンスを行う理由

自動ドアは、定期的にメンテナンスを行う場合があります。

掃除のような簡単メンテナンスは自分でできますが、細かいメンテナンスに関しては業者が行わなければいけません。

メンテナンスが必要な理由は、主に5つあります。

  • 故障予防
  • 快適性の維持
  • 寿命の延長
  • 安安全性の確保
  • ランニングコストの軽減

メンテナンスをしておけば、未然に故障を防げます。

また、メンテナンスの際に小さな不具合が見つかった場合、即座に対応可能です。

もし、メンテナンスをせず故障してしまった場合、修理費用として多額の費用がかかってしまいます。

自動ドアを長く使い続けるためには、メンテナンスを行った方が良いでしょう。

 

自動ドアのメンテナンス費用

自動ドアのメンテナンス費用

自動ドアのメンテナンス費用は、メンテナンス内容によって異なります。

また、メンテナンスを依頼する業者によっても異なるので、一概には言えません。

ひとつの参考として、大手メーカーとメンテナンス契約をした場合、年間で5万円~10万円程度です。

メンテナンス業者を探せば、安い業者もありますが、あまりにも安い場合は悪質業者の可能性があるので注意してください。

近年では自動ドア業者を装った詐欺会社もあります。

悪質業者に関しては、以下の記事を参考にしてください。

自動ドア関連の詐欺に注意!気を付けるべき業者とは?

あまりにも安いメンテナンス業者に依頼すると、しっかりしたメンテナンスが行われず、意味のないものになってしまいます。

メンテナンスだけで年間5万円~10万円となると、高く感じるかもしれませんが、メンテナンス契約をする場合は、大手の安心できるメーカーに依頼してください。

 

メンテナンス契約は必須ではありません

メンテナンス契約は必須ではありません

自動ドアのメンテナンス契約は、必ずしもしなければいけないわけではありません。

店舗のような自動ドアであれば、メンテナンスは必要です。

しかし、当社システムクリエーションで推奨しているスイングドアオペレーターであれば、メンテナンス契約の必要はありません。

スイングドアオペレーターは、設置後1ヶ月以内に1~2回ほど調整いたします。

調整内容は以下の通りです。

  • センサーの検知エリアの調整
  • ドアの開閉スピードの調整
  • 開閉の力の調整

など。

その後は、基本的にメンテナンスフリー機器となるため、不具合があればお伺いいたします(有料)。

 

メンテナンスしないで大丈夫?

スイングドアオペレーターならば、メンテナンスが全く必要ないのかと言われれば、決してそうではありません。

店舗やマンションエントランスなど、使用頻度の高い場所に取り付けた場合は、メンテナンス契約をおすすめします。

しかし、自宅の場合、開閉回数が1年間に1500~2000回程度と考えられるので、メンテナンス契約の必要はありません。

スイングドアオペレーターは、ヨーロッパの規格で、開閉回数50万回のテストに合格。

さらに、日本で施工されたもので、100万回開閉して問題なく稼動しているものもあります。

電子機器なので、衝撃や結露などにより、多少不具合が出る可能性はありますが、メンテナンス契約までする必要はないといえるでしょう。

 

気軽に自動ドアを設置するならスイングドアオペレーターがおすすめ

スイングドアオペレーター

気軽に自動ドアを設置するなら、ぜひスイングドアオペレーターを検討してください。

自動ドアを設置する上で「メンテナンスでお金かかるでしょ?」と、不安に感じる方もいるでしょう。

スイングドアオペレーターであれば、面倒で費用のかかるメンテナンス契約を行う必要がありません。

取り付け後、数回の調整で、長年使い続けられます。

メンテナンスがネックで自動ドア設置を諦めていたのであれば、ぜひスイングドアオペレーターをお使いください。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 当社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

電話での相談はもちろん、補助金に関することもお気軽にご相談ください。

また、 現在2021年4月現在、コロナウィルスの影響により、実際に店舗まで行くのを躊躇ってしまう方もいるでしょう。

当社はオンライン対応していますので、実際にどんな仕上がりになるのか気になる場合は、オンラインでご説明します。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

玄関ドアの塗装をDIYで!|玄関ドアをもっと自由に便利にする方法
JADA(全国自動ドア協会)とは?自動ドア関係者なら知っておきたい
賃貸物件空き室対策にも使える開き戸自動ドア|入居者の求める設備
お金
コラム一覧