コラム

初心者でもできる!ドアをDIYでおしゃれにリメイクする方法と費用について

ドアひとつで雰囲気は大きく変わります。

インテリアを変えて部屋の雰囲気を一新したいときは、ドアのDIYがおすすめです。

とはいえ、自分より大きなドアを外したり削ったりするのは大変ですよね。

そこで今回は、ドアをおしゃれにDIYする方法について、初心者でもできるやり方を紹介します。

また、DIYにかかる費用についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

ドアをおしゃれにDIYする方法

ドアのDIYといっても、その方法はさまざまです。

DIY初心者でもできる方法としては、以下がおすすめです。

  • リメイクシートを貼る
  • ペイント(塗装)する
  • 取っ手を変更する
  • ドア自体を変える

それぞれについて紹介しましょう。

 

リメイクシートを貼る

DIY初心者であれば、リメイクシートを貼るDIYから始めるのがおすすめです。

雰囲気を変えたいドアに対して、タイルやレンガなどの模様のついたシートを貼ります。

タイルやレンガなどといったお好みのデザインシートを選んで、ドアのサイズに合わせてカッターやハサミでカットします。

ドアに合わせて貼り付けるだけで、部屋の雰囲気がぐっと変わります。

貼って剥がせるタイプであれば、賃貸マンションやアパートでも使えるので便利です。

 

ペイント(塗装)する

もう少し本格的なDIY感を味わいたい方は、思い切ってドアにペイントしてみましょう。

室内でペイントするには、ニオイがきつくない「水性塗料」がおすすめです。

準備するものも、塗料と刷毛、養生用のマスキングテープの3つだけで手軽に始められます。

水性塗料はカラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

塗料が乾く前なら水で落とせるため、失敗してやり直したいときの修正も慌てずに対応できるでしょう。

 

取っ手を変更する

取っ手を変更するだけでもドアの雰囲気は変わります。

準備するものも、シンプルなものであればほとんどがドライバー1本で完結します。

取っ手には木製のものやスチール製のものなど、さまざまな素材・種類のものがあります。

もとのネジ穴が使えますし、新しく穴を作る・穴を埋める手間が省けるため、手軽にDIYしたい人におすすめです。

 

ドア自体を変える

本格的にDIYをしたいという人は、古い扉の蝶番を外して、新しい扉に付け替えてみましょう。

実は室内のドアは、ドライバー1本で簡単に交換が可能です。

既存のドアを蝶番から持ち上げて外し、外したドアの上下についている蝶番金具をドライバーで外します。

新しいドアに蝶番金具を取り付けて、ドア枠の金具にはめ込めば完了です。

ドアの形状からデザインまで、自分好みで色々カスタマイズしてみてください。

 

ドアをおしゃれにDIYする際の相場

先ほど紹介したドアをおしゃれにDIYする方法において、かかる費用相場は以下の通りです。

  • リメイクシート  1,000円~5,000円
  • ペイント(塗装) 2,000円~10,000円
  • 取っ手の変更   3,000円~5,000円
  • ドアの変更    30,000円~100,000円

どこまでこだわるのか、どんなものを使うのか、また工程によっても相場は変動します。

手軽にドアのDIYを始めてみたいのであれば、まずはリメイクシートから始めてみてください。

 

今注目の“隠し扉”は自動ドアがおしゃれ!

今おしゃれなインテリアとして注目されているのが「隠し扉」です。

来客にはわからない空間(部屋)を作り、そこに隠し扉を設置するといった設計が人気を集めています。

隠し扉は、ドラマやアニメなどで見て憧れを抱く人は多いはず。

既存のドアをおしゃれに生まれ変わらせるように、隠し扉には自動ドアを採用するのがおすすめです。

自動ドアであればドアノブがないため、完璧な隠し扉をつくることができます。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

注文住宅におすすめしたい設備|自動ドアで差別化も!
自動ドア故障の対処法|業者に依頼した場合の金額は?
開き扉用自動ドアの選び方
自動ドアの便利な機能知っていますか?日常を助ける機能を紹介
コラム一覧