コラム

食品工場に導入されている主な自動化ロボット

食品工場に導入されている主な自動化ロボット

工場における作業では、昨今ロボットによる自動化は急速に進められています。

人手不足解消やコスト削減の効果があるためです。

そのなかで、今回は食品製造工場でどのようなロボットが導入されているのかについて解説します。

ぜひ食品工場のコストや人手不足で悩まされているなら、ロボットの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

従来から活用されている2つのロボット

従来から活用される2つのロボット

食品工場では、従来から導入されている代表的なロボットがあります。

  • 製品仕分けロボット
  • 荷積み用ロボット

これらのロボットを現在導入している工場は多いのではないでしょうか。

以下で、それぞれの働きや特徴について解説するので、単調な業務を手作業で行っている工場は、参考にしながら導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

製品仕分けロボット

食品工場のロボットとして代表的なのが、製品の仕分け作業(ピッキング)です。

ベルトコンベヤーで流れてくる製品を、ロボットのアームで整列していき、箱詰めや包装の下準備を行います。

昨今では、整列だけではなく、箱詰めまで行うロボットも登場してきました。

従来はこのようなピッキング作業も従業員の手作業で行われていましたが、人手不足や生産性の向上のために、現在では多くの工場が導入しています。

 

荷積み用ロボット

荷積み用ロボットは、名前のとおり、製品出荷前の荷積みを行うロボットです。

パレタイジングロボットとも呼ばれます。

荷積みは単調な作業ではあるものの、重量があるために現場作業者の負担が大きいデメリットがありました。

ロボットであれば、定められた重量であれば基本的にどんなものでも荷積み可能であり、従業員への身体的な負担もありません。

これまで荷積みを行っていた従業員に他の作業をしてもらうことで、より生産性の向上につながるでしょう。

 

今求められている「人と協働可能なロボット」

今求められている「人と協働可能なロボット」

食品向上に、今求められるロボットについて解説していきます。

注目されているのは、人と協働できるロボットです。

先述したロボットは比較的多くの食品工場に導入されていますが、作業者と離れた空間での動作が前提となっています。

対して、人と協働できるロボットは、作業者の隣で人のように稼働できるのです。

作業者の近くで稼働できることにより「突然の欠員がでたときのヘルプ要員」としてもロボットを活用できます。

 

食品工場に導入するべき自動化システム

食品工場に導入するべき自動化システム

昨今、工場に導入できる自動ロボットやシステムには、多くのものがあります。

しかし、食品を扱うといった観点から、導入が難しいシステムやロボットもあるでしょう。

そのなかで、ぜひ取り入れてほしいのが、ドアの自動ドア化です。

食品工場はホコリなどの浸入を防ぐために、開き扉を採用しているケースが多いでしょう。

しかし、開き扉では、ドアノブなどによる感染対策が十分とは言えません。

開き扉を自動ドア化すれば、感染症対策にもなりますし、ドアの閉め忘れなどのヒューマンエラーも防げます。

 

開き扉の自動ドア化を安価に行うなら

スイングドアオペレーター

開き扉の自動ドア化を行うなら、弊社のスイングドアオペレーターをご検討ください。

スイングドアオペレーターは、既存のドアに後付けで取り付けられる装置です。

自動ドアにするために、ドアごと取り替える必要はありません。

大掛かりな工事も必要なく、最短1日で取り付け可能です。

工場内のドアを自動ドアにする際には、ぜひご活用ください。

 

食品工場も業務の自動化を検討しましょう

食品工場も業務の自動化を検討しましょう

食品工場の業務の多くも、ロボットによって自動化可能です。

ロボットの導入や自動化システムを導入すれば、人材不足を解消できたり、生産性を向上できたりします。

ぜひ食品工場の業務で悩んでいる方は、ロボットの導入や、業務の自動化を検討してみましょう。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

開き扉用自動ドア
ドアクローザーの種類と交換方法|玄関ドアを自動ドアに
築年数の古い家や中古住宅のチェックポイント|築年数別の劣化具合
コラム一覧