コラム

介護者が知っておくべき制度やサービス

介護

突然介護しなければいけない…となったとき、金銭的な負担や今後の生活など、不安に感じる部分が多くあるでしょう。

仕事をしている方やお子様がいる場合、つきっきりで介護するのは難しいですよね。

また、介護用品で金銭的な負担もかかります。

そんなときに知っておくべきなのが、制度やサービスです。

制度やサービスを利用すれば、介護の負担は大きく減らせます。

忘れてはいけない介護保険申請

書類

まず忘れてはいけないのは、介護保険です。

介護保険の申請をすることで、さまざまなサービスを受けられます。

介護保険は、まずお住まいの地域の役所で「要介護認定」の申請をしなければいけません。

「役所の介護保険の窓口」「地域包括支援センター」などに問い合わせすると、何が必要か教えてくれます。

事前に必要なものを確認した上で、申請しましょう。

介護を支える制度・サービス

お金

介護で使える制度やサービスは、大きく分けて3つです。

  • 高齢者支援サービス
  • 介護支援制度
  • 補助金制度

それぞれを知っておくだけで、介護生活の負担が減らせます。

介護疲れの軽減や、金銭的な負担の軽減までできるので、知っておいて損はありません。

現在介護する生活ではなくとも、将来のために知っておくと良いでしょう。

高齢者支援サービス

高齢者支援サービスとして、主に以下の3つがあります。

  • 訪問サービス……ホームヘルパーが身体介護を行うサービス
  • 通所サービス……デイサービスやデイケアなど、ご家族が見れない時間帯に要介護者を見てくれるサービス
  • 宿泊サービス……ご家族が旅行などに行く際に、要介護者が宿泊できるサービス

介護を他の方に任せることで、介護による精神的な負担が軽減されるでしょう。

また、この他に行政サービスとして個売れ者向けサービスが提供されています。

たとえば、紙おむつの助成。

高齢者の紙おむつ代は、一ヶ月で数万円かかります。

その何割かを自治体が助成してくれるサービスです。

行政サービスに関しては、各自治体によって異なるので、地域の自治体のホームページなどをチェックしてみてください。

介護支援制度

お仕事が忙しく介護をしにくい方は、介護支援制度を利用してみると良いでしょう。

介護支援制度は、介護者の生活を支えてくれる制度です。

  • 介護休暇……1年間に最大5日間取得可能
  • 介護休業……1回につき最大93日を上限とし、3回まで取得可能。休業中は介護休業給付として、月額賃金の67%を受け取れる

介護しながら仕事をしている方にとって、大きなメリットのある制度でしょう。

介護でどうしても仕事を休まなければいけないときのために、覚えておくと良いです。

補助金制度

介護生活となった場合、補助金を受け取ることができます。

補助金は主に以下の2つです。

  • 福祉用具の補助金
  • 住環境のための補助金

福祉用具の補助金は、福祉用具の貸与やレンタルのときに使えます。

要支援・要介護度に応じた支給限度額範囲内で、介護保険の利用料の1割が自己負担。

お住まいの地域で基準に該当している業者で利用可能です。

住環境をのための制度では、「居宅介護住宅改修費」という項目があります。

一定の条件を満たしていれば、要介護者のためのリフォーム費用として、補助金が支給される制度です。

バリアフリーのような大規模なリフォームを行う際に申請すれば、自己負担が大きく軽減できるでしょう。

介護制度で負担を軽く

介護

突然の介護で介護者にかかる負担は大きいです。

なかには介護のストレスから、うつになってしまう方もいるほど。

いっぱいいっぱいになってしまう前に、制度やサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

制度やサービスをしっかり使うことで、精神的にも金銭的にも負担が減らせます。

現在要介護者がいる方はもちろん、いざというときのためにも、制度やサービスを知っておきましょう。

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 当社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

電話での相談はもちろん、助成金に関することもお気軽にご相談ください。

また、 現在2020年12月現在、コロナウィルスの影響により、実際に店舗まで行くのを躊躇ってしまう方もいるでしょう。

当社はオンライン対応していますので、実際にどんな仕上がりになるのか気になる場合は、オンラインでご説明します。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

介護
コラム一覧