コラム

二世帯住宅に暮らす上で考えておくべき内容と設備

二世帯住宅

ご家族と一緒に暮らせる二世帯住宅は人気があります。

しかし、なんとなくで二世帯住宅を建ててしまうと失敗する可能性があるので注意してください。

そこで今回は、二世帯住宅で考えておくべき内容や設備について解説します。

ご家族で幸せに暮らすために、ぜひ参考にしてください。

 

二世帯住宅の間取りは主に三種類

二世帯住宅の間取り

二世帯住宅と一重に言っても、二世帯住宅には3種類の間取りがあります。

  • 完全同居型
  • 部分共有型
  • 完全分離型

以下では、それぞれの間取りの特徴やメリットデメリットについて解説します。

 

完全同居型

完全同居型は、一つの家に二世帯が暮らしているような間取りです。

玄関、浴室、キッチンなどの住宅設備はすべて一つになります。

一世帯の戸建て住宅に二世帯で暮らしていると言っても過言ではありません。

デメリットとして、家族間のプライバシーが確保しづらい点があります。

 

部分共用型

部分共有型は、住宅設備と部屋の一部を共有する形です。

たとえば「玄関のみ共有」や「キッチンとリビングのみ共有」といった形で分けます。

メリットは、適度にプライバシーを保つことができ、家族間の仲を深められる点。

デメリットとしては、共有する部分のルールを決めておかなければいけない点があります。

 

完全分離型

完全分離型は、名前のとおり、完全に二世帯を分けた戸建てです。

玄関、浴室、キッチンにリビングなど、すべて2つずつあります。

また、完全分離型は縦割りの垂直分離型と平面で分離する水平分離型の2つがあります。

メリットは、お互いの家族のプライバシーを守れる点。

デメリットとして、建築費用が高額になる点があります。

 

二世帯住宅で考えておくべき設備

二世帯住宅で考えておくべき設備

二世帯住宅で暮らすのであれば、家族全員が暮らしやすいように設備を考えておく必要があります。

とくに考えておきたい設備は、以下の3つです。

  • 室内バリアフリー設備
  • 遮音性の高い壁
  • 玄関の自動ドア

あくまで参考であるため、他にも考えておくべき設備はあります。

以下では、なぜそれぞれの設備が必要になるのかについて解説します。

 

室内バリアフリー設備

二世帯住宅で暮らすとなれば、高齢者用のバリアフリー設備を考えておきましょう。

高齢者は広い二世帯住宅の中を歩くだけでも困難です。

階段や浴室の手すりなど、費用を抑えたバリアフリー設備もあります。

今後長く一緒に暮らす上で、バリアフリー設備は検討しておいた方が良いでしょう。

 

遮音性の高い壁

身内とは言っても、別々の家族が一緒に暮らすので、生活音の対策は重要です。

とくに小さいお子様がいるご家庭だと、家族間の問題となってしまうでしょう。

そのために、遮音性の高い壁や床を考えておくべきです。

とくに垂直分離型の場合は、床の音に気を付けましょう。

 

玄関の自動ドア

玄関の安全性や利便性を考えて、自動ドアの取り付けも検討してみましょう。

玄関の自動ドア化は高齢者のためだけではなく、家族全員のためになります。

  • 高齢者……重い玄関の開閉の負担を軽減できる
  • 小さいお子様……玄関ドアの挟まり事故防止につながる
  • お子様の父母……買い物や抱っこ等で両手が塞がっていてもドアを開閉できる

バリアフリーの一つではありますが、ご家族全員にとってメリットになるので、つけておいて損はないでしょう。

 

二世帯住宅を購入する際に考えておくべきこと

二世帯住宅のルール

二世帯住宅は、ご家族全員で一緒に暮らせる形の住宅です。

しかし、安易に二世帯住宅を選んではいけません。

二世帯住宅を購入する際は、以下の2つを考えておきましょう。

  • 将来を考えておく
  • ルールを考えておく

なぜそれぞれが重要になるのか、以下で解説します。

 

将来を考えておく

二世帯住宅を購入する際は、20年先などを考えておきましょう。

今は二世帯住宅でも、いつかは子どもだけの家になるからです。

そのときに「どのように家を使うのか」「相続の配分はどうするか」などの問題が発生します。

今の暮らしやすさはもちろんですが、今と同時に未来も考えておきましょう。

 

ルールを考えておく

二世帯住宅で暮らすなら、事前にルールを考えておかなければいけません。

ルールがないと、家族間のトラブルに発展する可能性があります。

そのため、お互いの家族との関わり方やプライベートな時間の作り方など、事前に決めておきましょう。

一つひとつを決めておくことで、お互いにストレスなく過ごせます。

 

家族全員で幸せに暮らしましょう

家族全員が幸せに

家族全員で幸せに暮らすために、二世帯住宅はおすすめです。

しかし、なんとな二世帯住宅を選ぶのではなく、設備やルールなどもしっかり考えておきましょう。

せっかく家族全員で暮らしているのに、不満を持つような関係になっては本末転倒です。

より幸せな生活を目指すために、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

電話での相談はもちろん、助成金に関することもお気軽にご相談ください。

また、 コロナウィルスの影響により、実際に店舗まで行くのを躊躇ってしまう方もいるでしょう。

当社はオンライン対応していますので、実際にどんな仕上がりになるのか気になる場合は、オンラインでご説明します。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

ご家族が交通事故で後遺障害になったら|家の改修費も損害賠償になる
自動ドア・バリアフリーにも関連するSDGs|住み続けられるまちづくりを
バリアフリーの種類を知っていますか?|正しいバリアフリーの知識
コラム一覧