コラム

生成AIとドアの可能性

生成AIとドアの可能性

昨今ではさまざまな業界で生成AIが用いられるようになりました。

多くの人は、生成AIで簡単な文章やプログラムのみを作成すると考えていますが実はそれだけには留まらない可能性を持っています。

今後は生成AIが日常的なものにより組み込まれていくものだと考えられます。

そこで今回は、生成AIがドアにどのような影響を与えるのかを考えていきます。

 

生成AIによって発達していく車

生成AIによって発達していく車

昨今、人の日常にあるもので積極的に生成AIが用いられているのは車です。

2023年11月21日は「生成AIを活用し、自動車向けソフトウェア開発の効率化を支援する技術を開発」というニュースが発表されました。車載カメラの映像をもとに生成AIが交通状況を理解して説明文を自動作成してくれるというものです。

さらに2004年には「ソニー・ホンダ、Microsoftと提携 EVに生成AI搭載」といったニュースが発表されています。EV車に生成AIを組み組むことで会話ができたり運転手が求めている映像を表示させたりできるシステムなどがあります。

これらのニュースはドアに関連する業者としても無視できるものではありません。

なぜなら車にドアは必ずついているものだからです。

ドアが生成AIと組み合わさることでどのような進化が生まれるのでしょうか。

 

ドアと生成AIの考えられる可能性

ドアと生成AIの考えられる可能性

ドアと生成AIの考えられる可能性を解説します。

生成AIを組み組むことで以下のような可能性があるのではないかと考えます。

なお、あくまで予測であり開発が行われているものではありませんので、ご了承ください。

 

家族の状況を文章で連絡

考えられる可能性の一つ目としては帰宅時の家族の状況を文章で連絡してくれる機能です。

ドアにカメラを取り付けてそこからわかる家族の状況を文章で送ってくれます。

たとえば生成AIによって「〇時に長男が帰宅。いつもより遅い時間の帰宅です。荷物を沢山持っています。」のようなメールを送れるようになれば、親御さんはすぐに「今日は何かあったの?」と確認できます。

さらに「すぐにドアを開けてあげて」とこちら側が指示することで荷物を持つ負担に対してドアの開閉で対応できるということもあるでしょう。

 

外の状況からドアにかかる負担などを文章で連絡

考えられる可能性の二つ目として外の状況やドアの負担を文章化してくれる機能があります。

ドアに取り付けられた映像やドア本体の情報をもとに「今日は風が強いためドアに〇Paの風圧がかかっています。」と連絡が来れば、マンションオーナーや管理者はドアの安全性に対処できます。

さらには状況に合わせて自動ドアの開閉速度を変える指示も送れるようになるのではないでしょうか。

 

自動ドアを開けるべきかの確認連絡

考えられる可能性の三つ目として自動ドアを開けるべきかどうかをやり取りできる機能があります。

見ず知らずの来客が来た際に「初めての来客です。自動ドアを開けますか?」とやり取りできる機能です。

さらに生成AIに来客者を記憶させることができれば「〇〇会社の営業の方が来られてます。自動ドアを開けますか?」「長男の友人の〇君が来ています。自動ドアを開けますか?」といったやり取りも可能になるのではないでしょうか。

 

未来のドアの可能性を考えた今からできる対策

未来のドアの可能性を考えた今からできる対策

今回解説したように生成AIを組み合わせた新しい製品はどんどん生まれてくると考えられます。

ドアについても現段階では予測の域を超えませんが、今でもカメラを組み合わせた報告機能がある位なので生成AIが組み合わさる可能性は十分にあるでしょう。

ですから今のドアについても考えてみてはいかがでしょうか。

手動で開閉するドアは今後きっと少なくなっていくので自動ドアの設置を検討してみてください。

弊社で取り扱う「スイングドアオペレーター」であれば今設置されている開き扉をそのまま利用して自動ドアにできます。

ぜひ未来のドアに対応するためにドアの利便性向上をおこなっていきましょう。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

自動ドア事故4年で516件|自動ドア事故はどのように防ぐべきか?
JADA(全国自動ドア協会)とは?自動ドア関係者なら知っておきたい
コロナによる最新住宅の変化|非接触なら玄関ドアの自動ドア化がおすすめ
引き戸の自動ドア化不要!開き扉用自動ドアを選ぶべきメリット
コラム一覧