コラム

マンション共有部分に必要な掃除とは?自主清掃の負担を楽にする方法

マンション共有部分に必要な掃除とは?自主清掃の負担を楽にする方法

マンションは、共有部分の綺麗さがとても重要になります。

共有部分が汚いと、住人の満足度が下がるほか、新規入居者も入りにくくなり、空き室の原因になってしまうでしょう。

そこで、マンション共有部分に必要な掃除について解説します。

共有部分でどのような掃除を行うべきなのか、マンション住人の満足度をあげるためにも、ぜひ参考にしてください。

 

マンションの共有部分で行う清掃は3つ

マンションの共有部分で行う清掃は3つ

マンションの共有部分で行われる清掃は、主に3つに分けられます。

  • 日常清掃
  • 定期清掃
  • 特別清掃

これらの清掃は、マンションオーナー自身が行う場合もあれば、マンション管理会社などに委託して行う場合など様々です。

それぞれでどのような清掃をするのか、以下で具体的に解説します。

 

日常清掃

日常清掃とは、掃き掃除や拭き掃除など、名前のとおり日常的な清掃を指します。

主な清掃は、以下のとおりです。

  • 掃き掃除
  • 拭き掃除
  • ゴミ拾い
  • ゴミ置き場の清掃
  • 植栽の水やり
  • 落ち葉の撤去

頻度は、各会社によって異なりますが、大体週に2回~月に1回程度です。

 

定期清掃

定期清掃は、ワックスがけなどの、そこまで頻度高く行わなくても良い清掃です。

主な清掃は、以下のとおり。

  • 機械による床や壁の掃除
  • ワックスがけ
  • 照明交換
  • 植栽の剪定や草取り

頻度は各会社によって異なりますが、月1回~数カ月に1回程度です。

 

特別清掃

特別清掃は、主に外観や見えない部分を綺麗にするための清掃です。

主な清掃は、以下のとおり。

  • 排水管の清掃
  • 高所清掃

頻度高く清掃しなくても良い場所なので、頻度は年に数回程度です。

 

清掃のなかで最も重要なのは日常清掃

清掃のなかで最も重要なのは日常清掃

3つの清掃のなかで、最も重要なのは日常清掃と言えます。

もちろん他の部分の清掃も重要ですが、日常清掃は、住人にとって一番気になる部分です。

たとえば、掃き掃除や拭き掃除、ゴミ置き場の清掃などは、住人にとって目につきやすい部分になっているでしょう。

そのため、日常清掃が行われていないと「汚い」と感じられてしまう可能性が高いです。

 

自主清掃を行うなら利便性を高めるのがおすすめ

自主清掃を行うなら利便性を高めるのがおすすめ

オーナー自身で清掃を行う場合は、負担をかけずに利便性を高める工夫をおすすめします。

マンションやアパートなど、共有部分の清掃には、オーナー様自身が行う自主清掃と、会社に依頼する委託清掃があります。

しかし、予算の関係上、委託清掃ができない場合もあるのではないでしょうか。

オーナー様自身で自主清掃を行っているのであれば、できるだけ負担を軽くしたいですよね。

たとえば、ゴミ捨て場に設置する自動ドアなどを検討してみてはいかがでしょうか。

ゴミ捨て場は多くの人が出入りしたり、場合によっては不法投棄されたりする可能性があります。

不法投棄が多くなれば、当然オーナー様の負担は多くなってしまいます。

自動ドアを設置すれば、清潔さを保てる上に、オーナー様自身での掃除も楽になるでしょう。

 

一つの工夫で清掃を楽にしましょう

一つの工夫で清掃を楽にしましょう

マンションやアパートの共有部分は、少しの工夫で楽になります。

オーナー様自身で毎日のように掃除をするのは大変です。

本来であれば、マンション管理会社などに依頼する方が良いですが、依頼できない場合には何かしらの対策を考えてみてください。

弊社では、既存のドアに取り付け可能な「スイングドアオペレーター」を取り扱っています。

防火区画でない扉で、65kgよりも軽い扉であれば、取り付けは20万円からご相談いただけますので、マンション住民の満足度をあげるたにも、ぜひご検討ください。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

電話での相談はもちろん、助成金に関することもお気軽にご相談ください。

また、 コロナウィルスの影響により、実際に店舗まで行くのを躊躇ってしまう方もいるでしょう。

当社はオンライン対応していますので、実際にどんな仕上がりになるのか気になる場合は、オンラインでご説明します。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

続く新しい生活様式「新生活様式のコンビニ」から見る自動ドアの必要性
コロナ禍の今だから自宅の自動ドア化をおすすめする理由
開き戸
コラム一覧