コラム

システムクリエーション開業までの道のり②

システムクリエーション開業までの道のり②

先日のブログでは、これまでの私の経験を書かせていただきました。

ただ、まだまだ続きがあります。

前回の内容で「面白いな」と思ってくださった方は、ぜひ今回の続きも読んでみてください。

システムクリエーション開業までの道のり

 

どうにか生きる術を見つけてきた

どうにか生きる術を見つけてきた

倉庫業を退職して無職の頃は、さまざまな会社から運よくお誘いをいただき、あらゆる仕事をしました。

たとえば「こんな業者知らない?」というようなご連絡をいただいてご紹介をすることをしていたときも、生活できるレベルまで稼げてしまいました。

また、知り合いの会社からデータ収集を依頼をされることもあります。

それでもどうしようも稼げないときは、ガラス清掃のアルバイトなどをして生計を立てていました。

 

すべてのことが身になる

すべてのことが身になる

これまでの仕事の経験を通じて私が学んだことは、意味のないことはないということです。

どのような仕事も、今に活きているものがあります。

開発の仕事でプログラミングや図面も作成できるようになりましたし、自身で学んだ経理のスキルも大変役立っています。

ブラックだった倉庫業の仕事も、当時はつらい経験でしたが、どんな流れでどのようなことをしているのか学べました。

これらすべてが、ノウハウや知識となって私のなかに残っています。

だから、今考えて「あの頃は無駄だった」なんて思いません。

すべてが今の仕事に繋がっているのです。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

開き扉後付け自動ドアを始めた想いと軸
「想像の不安」より「確実な利便性」を。便利さを約束します。
コラム一覧