コラム

リノベーションの最新トレンドは?今リノベーションが人気を集める理由

今、自宅のリノベーションが注目を集めています。

リノベーションは、古くなった設備を最新のものにするだけでなく、住まいをおしゃれに生まれ変わらせることができるのが魅力です。

しかし、どんなデザインが良いか、どんな建材を使うとおしゃれになるか、どんな間取りが自分に合っているかなど、イメージするのは難しいでしょう。

そこで、今回はリノベーションが注目される理由と、最新のトレンドについても紹介します。

 

リノベーションが人気を集める理由

リノベーションが人気なのは、以下の理由が挙げられます。

  • 価値観の多様化
  • 家づくりのハードルの低下
  • サステナビリティへの関心の高まり

自分らしい家にできるだけでなく、サステナブルな観点からも注目を集めているのです。

それぞれの理由について解説します。

 

価値観の多様化

住まいに対する価値観が多様化しているため、リノベーションを選択肢として考える人が増えています。

最近では、世間一般的に良いとされる決まった形や素材、仕様、設備よりも、自分たちが好きなものを重視する傾向が強まっています。

家を自分たちのライフスタイルに合わせる自由な発想が広がっており、決まった間取りやデザインの家に合わせるのではなく、自分たちの暮らし方に合わせた家を選ぶ人が増えています。

また、人口増加に伴う新築住宅の供給が落ち着き、国の施策も後押ししていることから、中古物件を活用することも多くなっています。

 

家づくりのハードルの低下

初めて家づくりをする人にとって、リノベーションは新築よりも不安が多いもの。

しかし、最近ではインターネットや雑誌などでリノベーションに関する情報が手に入りやすくなり、リノベーションを専門とする会社も増えています。

それだけでなく、物件探しからリノベーション工事までワンストップで行う提案型の会社も登場していることもリノベーション人気のひとつでしょう。

その他、一定の条件を満たすことで、補助金や減税制度など国からの支援を受けられることも、リノベーションのハードルを下げる要因となっています。

省エネリフォームや住宅ストック循環支援事業など、既存住宅の活用を促進する制度を活用することで、家づくりの費用負担を軽減できるのです。

 

サステナビリティへの関心の高まり

持続可能性への関心が高まっているため、住宅業界にも大きな影響を与えています。

ヨーロッパでは、環境配慮の考え方が浸透しており、建物を修繕しながら長期間にわたって使用する文化が根付いています。

一方、日本では高度経済成長期に入り、既製品の建材を使用した住宅が急増しました。

しかし、近年では健康や環境に配慮した住まいへの需要が高まり、自然素材を使用した住宅が増えています。

世界的にもサステナビリティへの取り組みが進んでおり、ヨーロッパのように住み継ぐ考え方が広がっています。

そのため、リノベーションの需要も増加していると言えます。

 

リノベーションの最新トレンド

リノベーションの最新トレンドは主に以下の通りです。

  • 広いリビング
  • 書斎・ワークスペース
  • 機能的なクローゼット

それぞれについて紹介するので、自分らしい快適空間を作るための参考にしてみてください。

 

広いリビング

最近は開放的で広々としたリビング空間が人気です。

プライベートな空間を最小限に抑え、家族が共有するパブリックスペースを広く確保するスタイルが主流になっています。

新型コロナウイルス感染症の流行により、多くの人々が家で過ごす時間が増えました。

そのため、家での過ごし方が以前よりも重要視されるようになりました。

限られたスペースの個室よりも、家族全員が自由に過ごせる広々としたスペースや多目的に使えるリビングルームが支持されています。

 

書斎・ワークスペース

書斎やワークスペースのリノベーションも人気です。

機能的なワークスペースを設ける際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 防音:音が漏れないように注意する/生活音が入らないようにする
  • 環境:適切な空調と換気を考慮する/十分な自然光を取り入れる

現在では、在宅勤務が珍しいものではなくなってきています。

きっかけは新型コロナウイルスの影響かもしれませんが、落ち着いた後も在宅勤務の普及は続くと考えられているため、書斎・ワークスペースのリノベーションが注目を集めているのです。

 

機能的なクローゼット

一般的な間取りにあるクローゼットは、収納量や使い勝手に満足していない人が多いと思います。

リノベーションでは、スペースが限られていても機能的で個性的なクローゼットが人気です。

たとえば、物件探しからリノベーションまでをワンストップで提供するゼロリノベでも、広々とした一体型のリビングダイニングが人気を集めています。

また、通路としても機能するウォークスルーや、作業部屋としても使えるウォークインなど、自分たちの生活スタイルに合ったアイデアを取り入れられることも、リノベーションの魅力の一つですね。

 

快適空間に自動ドアという選択肢

自分らしい住空間づくりにおいて「快適であるかどうか」は重要なポイントです。

そこで、自宅に自動ドアを設置してみるのもいいでしょう。

開き戸は手を使わなければ開きませんが、自動ドアであれば、赤ちゃんを抱っこしていたり買い物が多かったりして両手が塞がっている場合でも、センサーでドアを開けてくれます。

安全性に優れたものも多くなっているため、快適な住まいづくりに自動ドアを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

後付け自動ドアと自動ドアの価格を比較!価格差は100万円以上
コラム一覧