コラム

老舗旅館の問題点|よくある不満と改善点

老舗旅館の問題点|よくある不満と改善点

様式であるホテルと比べ、和式の構造である旅館は、不便な点が多いです。

趣のある雰囲気は魅力ですが、使いにくいと感じられてしまう部分もあります。

そこで今回は、老舗旅館の問題点について解説します。

宿泊客の満足向上のために、ぜひ参考にしてみてください。

 

老舗旅館の問題点

老舗旅館の問題点

老舗旅館の主な問題点は「利便性の低さ」です。

洋室で最新設備の揃っているホテルと比べると、旅館の利便性は劣ってしまいます。

旅館でさまざまな設備を導入してしまうと、趣を感じれなくデメリットも生じますが、以下の点については改善を検討した方が良いでしょう。

  • 階段の上り下りが辛い
  • 部屋のドアが重い
  • 人材不足

ホテルと比べると高齢者が多く利用する老舗旅館では、とくに「階段の上り下り」や「部屋のドアが重い」といった点は大きなデメリットになります。

具体的に、どのようなデメリットになってしまうのかについて、以下で解説します。

 

階段の上り下り

老舗旅館の多くには、エスカレーターやエレベーターがついていません。

基本的には階段のみとなっており、比較的1段1段高くなっている傾向があります。

旅館の趣と言える部分ではありますが、高齢者にとっての階段の上り下りは大きな負担です。

最悪の場合、階段から落ちてしまうなどの危険性もあるため、エレベーターやエスカレーターなどの設置を検討した方が良いでしょう。

 

部屋のドアが重い

老舗旅館は、引き戸または古い開き戸を採用しているケースが多いです。

引き戸を採用しているケースであれば問題ありませんが、古い開き戸は高齢者の負担になります。

頑丈な開き戸は重量があるため、開け閉めするだけでも高齢者にとっては負担になってしまうでしょう。

スマートキーなどを設置する必要はありませんが、高齢者でも扱いやすい引き戸にする、または自動ドアにするなどの改善点が挙げられます。

 

人材不足

旅館だけではなく、ホテル業界にとって人材不足は大きな問題となっています。

とくに老舗旅館のほとんどは地方にあり、交通の便が良くありません。

そのため、人材不足に悩まされている旅館は多いのではないでしょうか。

女将などが接客するのが旅館の魅力ではありますが、ある程度の自動化設備を導入し、人員が不足していても営業ができるような工夫を検討した方が良いでしょう。

 

老舗旅館の問題を改善するおすすめの設備

老舗旅館の問題を改善するおすすめの設備

老舗旅館に最新設備は似合わないと感じる人もいるかもしれませんが、問題点を解決するには、ある程度の設備導入を検討した方が良いでしょう。

とくにおすすめの設備は、以下の2つです。

  • チェックイン・チェックアウト自動化
  • 開き戸自動ドア化

なぜそれぞれの設備がおすすめなのか、以下で解説します。

 

チェックイン・チェックアウト自動化

チェックイン・チェックアウト自動化システムは、人員不足を解決できるシステムです。

宿泊客がスマホや専用タブレットを使って操作するため、常に受付に人員を配置する必要がありません。

チェックイン・チェックアウト時にかかる時間が削減できるため、宿泊客のストレスも軽減されます。

 

開き戸自動ドア化

高齢者への負担を軽減する一つの方法として、開きドアの自動ドア化をおすすめします。

「食事処」や「娯楽室」「宴会場」「温泉」などがある旅館は、宿泊客の出入りが多くなるため、その分ドアの開け閉めによる負担が増えてしまいます。

このような負担を軽減するために、開き戸の自動ドア化は最適です。

ドアを自動ドア化する方法はさまざまですが、弊社で取り扱っている「スイングドアオペレーター」であれば、現在の開き戸に後付け設置できます。

ドアごと取り替える必要はないので、費用を抑えたい旅館にもおすすめです。

 

老舗旅館にも最新設備を

老舗旅館にも最新設備を

これからの宿泊業は、ホテル、旅館に限らず、さまざまな設備の導入を検討した方が良いです。

とくに宿泊業の人材不足は大きな問題となっており、廃業してしまうケースもあります。

最新設備をいくつか導入すれば、人材不足の解決になる上に、お客様の満足度の向上につながります。

ぜひ老舗旅館の運営で悩んでいるなら、さまざまな設備の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

開き戸の自動ドア化装置の選び方|ポイントはパワーと耐久性
自宅開業をするなら自宅ドアの自動ドア化がおすすめ
自宅の自動ドア化が普及していない理由|現在の認知度も調査
IoTから見るこれからの家と自動ドアの関係性
コラム一覧