コラム

本当に困っている人に便利な設備を届けたい想い

弊社がスイングドアオペレーターを販売するようになったのは、本当に必要な人へ便利な設備を届けたいという気持ちがあるからです。

今回はこの想いに至ったきっかけについてお話します。

 

「使いたいのに高くて購入できない」という悩み

私は元々、業務委託としてスイングドアオペレーターの取り付けをおこなっていました。

その頃に、半身不随の子どもを抱える方からの相談があったのです。

ご相談は「子どもの玄関の出入りの際に、親が開閉してあげたり、介護の人をつけたりしなければならない。毎回このようなサポートをするのは困難」というものでした。

お子さんも半身不随ではあるものの元気はありますから、やはり外に出たがります。

しかし、ご両親は共働きでしたから、常にそばにいることが難しかったようです。

そこでマンションの管理会社に相談したようなのですが、スイングドアオペレーターにたどり着くまでにいくつもの会社を通さなければいけませんでした。

「マンション管理会社→金物屋→問屋→当時私の働いていた会社」のような形で、5~6社ほどは間に入っていたのではないでしょうか。

するとどうなるかというと、お客様の元に届くまでに1社ごとに20%~30%の利益を乗せる形になってしまうのです。

最終的な見積もりは100万を超えるほどになっていました。

結局のところ、そのお客様は「とてもじゃないけれど購入できない」と断念されました。

 

手軽な金額で使えるようにするには独立しかない

本当に困っている人に手軽な金額で届けるためには、独立するしかありませんでした。

当時も各業者に「抜けてもらうことはできないか?」という話をしましたが、当然抜けてくれる業者はありません。

そのときに「この業界はこういう形で金額が高くなる仕組みなんだな」と理解しました。

とは言え、当時業務委託の私が業界の常識を変えることなんてできまませんから、独立するしかないと考えたのです。

今では、業界を変えるまではできずとも、少しずつ本当に必要な人に届けられているのではないかと思います。

弊社にできることであればできる限りのことをやろうと考えています。

ぜひブログを見た人から少しでも「こんなものがあるんだよ、この位の金額で取り付けられるんだよ」と、広めてくれると嬉しいです。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

スイングドアオペレーターを販売できるようになるまで
「想像の不安」より「確実な利便性」を。便利さを約束します。
コラム一覧