コラム

物流倉庫で従業員の負担を改善できる取り組み例5選

物流倉庫で従業員の負担を改善できる取り組み例5選

物流倉庫では、常に人員不足が課題です。

人員不足のまま業務を行うと、従業員の負担が大きくなり、離職率が高くなるケースも懸念されます。

そこで今回は、物流倉庫において従業員の負担を軽減できる取り組み例を紹介します。

いずれかの方法を取り込んで、ぜひ従業員の働きやすさ改善を目指してください。

 

物流倉庫で従業員の負担を軽減するメリット

物流倉庫で従業員の負担を軽減するメリット

人員不足の物流倉庫では、従業員一人に対する負担が大きくなります。

そのため、従業員の負担を軽減する必要があるのです。

従業員の負担を軽減するメリットについては、主に以下の4つです。

  • 離職率が低くなる
  • 従業員のモチベーションが上がる
  • 怪我や人為的ミスを軽減できる
  • 身体的負担を抑え、突発的な休みを予防できる

物流倉庫の業務効率化を行うにはある程度の予算も必要なので、デメリットに感じるかもしれません。

しかし、長期的に見れば、従業員の負担をなくした方が経営は安定します。

大きなロボットの導入などをせずとも従業員の負担を軽減する方法はあるので、ぜひ実施してみてください。

 

従業員の負担を軽減する取り組み例

従業員の負担を軽減する取り組み例

従業員の負担を軽減できる取り組み例としては、以下の5つがあります。

  • アウトソーシングの活用
  • ローテーション作業
  • 2段台車の導入
  • 共有方法の改善
  • ドアの改善

いずれも、大きな費用をかけずに改善できる方法です。

すぐに導入できる方法がほとんどなので、自社工場の働き方として取り入れてみてください。

以下で、具体的な方法について解説します。

 

アウトソーシングの活用

人員不足の工場は、アウトソーシングを活用することで、従業員一人あたりの負担を軽減できます。

人員不足のまま、あれもこれも一人の従業員に頼ってしまえば、当然負担は大きくなるでしょう。

このような場合は、無理に現在の従業員だけに任せるのではなく、アウトソーシングを活用して人員補助を行うと良いです。

 

ローテーション作業

複数の取引先や商品を扱う倉庫では、各作業の担当者が固定されているケースがほとんどです。

作業場が固定されているというのは、慣れた作業を行えるという面ではメリットですが、負担の大きい作業の場合はデメリットに働きます。

例えば、重量のある製品を担当している場合、身体的な負担は大きくなってしまうでしょう。

そこで、従業員に複数の作業を覚えてもらうローテーションが効果的です。

ローテーションが行えるようになれば、人員調整もしやすく、管理工数も削減できます。

 

2段台車の導入

2段台車を導入するだけで、従業員への身体的負担を軽減できます。

通常の台車では、高い所から低い位置(台車)に製品を乗せるため、腰への負担が大きいです。

2段台車であれば、高い位置に台車がある形になり、腰への負担が軽減されます。

 

共有方法の改善

従業員の多い倉庫では、変更点や注意点などの伝達事項が漏れてしまうケースがあります。

ホワイトボードなどで共有しても、流し読みされてしまったり、誰に何を伝えたのかわからなくなってしまったりと、機能しないケースもあります。

そのため、何かを共有する際は、従業員それぞれの名前を入れたノートなどを使うと良いでしょう。

または、昨今であれば共有事項を伝えられるアプリやチャットツールなどもおすすめです。

誰が確認したかもわかりやすいので、人為的ミスの予防にもなります。

 

ドアの改善

設備の導入による従業員の負担軽減を考えるなら、ドアの改善がおすすめです。

物流倉庫のドアは、重量がある場合がほとんどなので、身体的な負担につながります。

また、物流倉庫で台車を押していたり両手に製品を持っていたりする場合には、わざわざ製品を一度置いてドアを開けなければいけないため、作業効率が下がってしまいます。

そこで、ドアの改善として、自動ドアを導入してみましょう。

自動ドアであれば、作業効率も上がる上に、身体的な負担もありません。

 

少しの改善で倉庫の作業効率は高まる

少しの改善で倉庫の作業効率は高まる

物流倉庫の従業員負担を減らしたり作業効率を高めたりするためには、大きな設備やシステムの導入は必要ありません。

少しのアイデアや工夫で改善できます。

今回紹介した方法はいずれも低予算で行えるので、ぜひ自社で試してみてください。

また、弊社では、通常の開き戸を自動ドア化する「スイングドアオペレーター」を取り扱っています。

現在設置されている開き戸に後付けで設置できるので、大規模な工事の必要はなく、費用も安価に抑えられます。

倉庫のような重量のあるドアにも取り付け可能なので、ぜひ業務改善の一つとしてご検討ください。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

オフィスリノベーション(改装)のメリット|オフィス改装で得られる効果
夏場の冷房の効きが悪い原因と対策
開き扉用自動ドアとは?どんな開き扉を自動ドアにできる?
マンション共有部分に必要な掃除とは?自主清掃の負担を楽にする方法
コラム一覧