コラム

玄関開き戸を引き戸にリフォームする際の費用相場|リフォームなら開き扉用自動ドアもおすすめ

玄関開き戸を引き戸にリフォームする際の費用相場

日本の一般的な玄関は、引いたり押したりして開閉する開き扉が多いです。

しかし、開き扉は開口部がデッドスペースになったり挟まれる危険性があったりするため、引き戸へのリフォームを検討する人もいるでしょう。

そこで今回は、玄関開き扉から引き戸へのリフォーム費用の相場について解説します。

 

引き戸と言っても種類は様々

引き戸と言っても種類は様々

引き戸というのは、横にスライドさせて開くタイプのドアです。

昔からある日本の「ふすま」と同じ形です。

そのほか、お店に取り付けられているよく見かける自動ドアも、引き戸の一つ。

しかし、具体的には引き戸にも様々な種類があります。

  • 片引き戸…引き戸を壁にスライドさせて開閉するタイプ
  • 引き分け戸…2枚扉を両側にスライドさせるタイプ
  • 引き違い戸…扉を2枚設置し、左右どちらからも開けられるタイプ
  • 引き込み戸…戸が壁の中に収納されるタイプ
  • 折れ戸…開き戸を開けたときに扉が中折になるタイプ

ただし、どの引き戸のタイプが玄関に最適とは、一概には言えません。

 

玄関開き扉を引き戸にリフォームする際の費用目安

費用

玄関の開き扉を引き戸へ交換する際の費用目安は、約30~40万円です。

開き扉と引き戸は作りが全く異なるので、1から引き戸を付けるために比較的高い費用はかかってしまいます。

なお、玄関以外のお風呂場や部屋の開き扉を引き戸に交換する際も、約20~30万円の費用がかかります。

 

玄関のドアは開き扉と引き戸どちらが良いのか?

ドア

玄関の広さや事故防止の観点から、開き扉を引き戸にしようと検討する人も多いでしょう。

しかし、引き戸にもデメリットはあります。

玄関のドアを開き扉から引き戸にするのであれば、デメリットも加味した上で考えましょう。

 

防犯性に優れているのは開き扉

防犯性で考えるならば、玄関ドアは引き戸よりも開き扉の方が良いです。

なぜなら、引き戸は戸が重なり合う部分や壁とドアの間にすき間ができてしまい、その隙間に工具を差し込んで無理やり開けることができてしまうからです。

開き扉と引き戸の防犯性や開き扉の防犯性を高める方法については、以下の記事も参考にしてください。

開き扉の防犯対策|開き扉用自動ドアがおすすめ

 

家の中の扉であれば引き戸がおすすめなケースもある

家の中の開き扉であれば、引き戸にリフォームした方が良いケースも多々あります。

開き扉は開口部が必要であるため、どうしてもデッドスペースが生まれてしまうからです。

引き戸であれば、開き扉でデッドスペースとなっていた部分も有効的に使えます。

また、バリアフリー対策としても、開き扉より引き戸の方が開閉しやすいです。

ただし、引き戸は開き扉と比べて防音性が低いデメリットもあるので、プライベート空間においては開き扉の方が良いケースもあります。

 

安全性・利便性なら開き扉用自動ドアもおすすめ

安全性や利便性の点で考えるのであれば、開き扉用自動ドアも検討してみましょう。

開き扉用自動ドアであれば、開き扉の開閉を簡単にできたり防犯性を高めたりできるメリットがあります。

費用面でネックになってしまう人もいるかもしれませんが、後付け自動ドアであれば費用を抑えられます。

弊社で取り扱っている「スイングドアオペレーター」であれば、現在の開き扉に後付けで取り付け可能です。

玄関開き扉のリフォームを検討しているのであれば、ぜひ後付け開き扉用自動ドアもご検討ください。

 

玄関の扉の種類は3つから検討しましょう

家

玄関の扉の種類は、これまで「開き扉」「引き戸」の2種類でした。

しかし、昨今では「開き扉用自動ドア」も様々なメーカーから販売されています。

そのため、現在では実質「開き扉」「引き戸」「開き扉用自動ドア」の3種類が玄関ドアの主要な種類といえるでしょう。

ぜひ玄関ドアのリフォームを検討されている方は、3つのなかから比較検討してみてください。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

自動ドア故障の対処法|業者に依頼した場合の金額は?
倉庫内作業を自動化する5つのシステム
オフィスドアの種類と選び方|デザインや機能から選ぶオフィスドア
コラム一覧