コラム

製造業のDX化で得られるメリットとは?DX化と合わせて取り入れるべき装置

製造業においても、DX化は重要な課題です。

とくに人材不足が課題となっている製造業ならば、すぐにDX化を検討した方が良いでしょう。

しかし、製造業とDX化は一件別物に見えるために、どのようなメリットがあるのかわからない人もいるかもしれません。

そこで今回は、製造業のDX化で得られるメリットについて解説します。

 

製造業のDX化は進んでいない

製造業のDX化は進んでいない

製造業に限らず、多くの企業によるDX化推進の重要性は高まっています。

しかし、製造業においては、DX化がそれほど浸透していないのが実情です。

IPAが2023年2月に発表したDX白書2023によると、製造業でDXを実施していると回答した企業は22.8%でした。

少しずつ推進されているとは言え、半数以上の製造業がDX化に取り組んでいないのです。

 

製造業DX化で得られるメリット

製造業DX化で得られるメリット

製造業DX化で得られるメリットは、以下の3つです。

  • 生産性の向上
  • 情報の管理のしやすさ
  • 顧客満足度の向上

製造業にとって、いずれも欠かせない部分ではないでしょうか。

これらのメリットにより、人材不足を補ったり、労働時間を短縮したりすることもできます。

なぜ3つのメリットが発生するのか、以下で解説します。

 

生産性の向上

製造業DXでは、生産性の向上を期待できます。

AIやIoTなどのデジタル技術を導入すれば、さまざまな業務を自動・効率化できるのです。

これにより、従業員の労働負担が軽減され、長時間労働もなくなります。

単純な作業を自動化すれば、他の業務に人手を割けるようになるでしょう。

 

情報の管理のしやすさ

デジタル技術を導入すれば、設備状況や生産状況を管理しやすくなります。

デジタル技術でデータを可視化してくれるため、人による管理の手間がかかりません。

また、何かしらのトラブルが発生した場合にも、原因を発見しやすくなります。

従来では手間も時間もかかっていた部分が、DX化によってスムーズに解決できます。

 

顧客満足度の向上

DX化によって業務効率化やヒューマンエラー、情報管理がスムーズになることで、より顧客満足度の高い製品を製造できるようになります。

これまでよりも顧客のニーズに合わせた取り組みが可能になったり、急な納期に対応できたりするでしょう。

また、人手不足によるトラブルや遅延なども起きにくくなります。

 

製造業のDXは何を取り入れるべき?

製造業のDXは何を取り入れるべき?

DX化をしなければいけないと思っても、実際にどのようなツールを導入するべきかわからない人もいるでしょう。

とくに導入を検討するべきツールは、以下の3つです。

  • プロジェクト管理ツール…Trello/Redmine/Jooto など
  • バックオフィスツール…freee/マネーフォワードクラウド会計/勘定奉行 など
  • 生産管理システム…WorkGear/i-PROERP3/Kit3 など

上記の他にも製造業に取り入れられるDX化ツールはいくつもありますが、まずは3つから試してみてはいかがでしょうか。

 

DX化と合わせて取り入れたい

スイングドアオペレーター

DX化を推進すれば、これまでの業務にかかっていた時間を大幅に短縮できます。

しかし、製造業であれば工場に設置している機器の見直しも必要です。

たとえば、自動ロボットの導入などを検討するのも良いでしょう。

また、工場のドアについても検討してみてください。

弊社では、開き扉を自動化する装置「スイングドアオペレーター」を取り扱っています。

従来の開き扉に後付けで設置するだけなので、大規模な工事を行う必要はありません。

「DX化の前に、まずは工場自体の環境を整えたい」と考えているのであれば、ぜひご検討ください。

 

製造業の効率化

製造業の効率化

製造業のDX化は、今後必ず向き合っていかなければいけない課題となります。

2023年現在、まだ製造業のDX化は浸透していませんが、できるだけ早い段階で取り組んだ方が良いでしょう。

また、DX化と合わせて、工場の環境も見直してみてください。

ぜひ、様々なツールや機器を導入して、より利便性の高い工場を目指しましょう。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

自動ドアが誰もいないのに開くのは幽霊現象?原因と対処方法
開き戸の鍵後付けはDIYでできる!玄関に取り付けられる後付け自動ドアも!
配膳ロボットの3つのメリットと3つのデメリット
コラム一覧