コラム

賃貸物件の空室対策に玄関ドアの改善は効果的か?

賃貸経営をしている大家さんは、常に空室対策に悩まされているかと思います。

「最新の設備にしたいけど予算の余裕がない」
「利便性を良くしたところで本当に入居者が埋まるか不安」

上記のような気持ちから、何か対策をしたくてもできないという悩みに陥っていないでしょうか。

そこで本記事では、空室対策について解説します。今回は、なかでも比較的安い費用で改善できる玄関ドアにフォーカスしています。

空室で悩まれている大家さんは、ぜひ参考にしてください。

 

玄関扉の改善は入居者にとって3つのメリットがある

結論から言えば、玄関扉の改善は空室対策として効果的です。

なぜなら以下3つのメリットを感じてもらえるからです。

  • 外観のおしゃれさ
  • 防犯性の高さ
  • 利便性の高さ

これら3つが入居者にどのような印象を与えるのか、解説します。

 

外観のおしゃれさ

外観扉がおしゃれなだけで「入居したい」という気持ちを高められます。

なぜなら、玄関扉は誰もが必ず見る場所だからです。

玄関ドアが古臭ければ、どれだけ中をきれいにリノベーションされていても入居したいという気持ちが生まれません。

玄関ドアは住まいの顔となる部分ですから、きれいにおしゃれに改善すべきです。

 

防犯性

玄関ドアの防犯性は必ず向上しておくべきです。

なぜなら、基本的にどんな人でも防犯性は意識するからです。

とくに女性の一人暮らしで防犯性の高いところを望むのは自然と言えるでしょう。

入居者が安心して暮らすためにも、防犯性の高い玄関ドアを検討しましょう。

 

利便性の高さ

昨今では利便性の高い玄関ドアが注目されています。

スマートキー・カードキー・リモコンキーが多く普及しているからです。

これらの利便性の高いドアが注目されているため「便利なところに住みたい」「最新設備のあるところに住みたい」と入居者が考えるのはごく自然なことです。

予算によって取り付けが難しいケースもあるかもしれませんが、できるところから改善していくと良いでしょう。

 

空室対策として玄関ドアをどのように変えるべきか?

空室対策としての玄関ドアの改善方法はいくつかあります。

なかでも優先的に改善すべき部分は、以下の2つです。

  • ドアのデザイン
  • 自動ドア化

上記の2つは比較的安い費用で改善できるので、おすすめです。

以下でどのように変えるべきか、具体的に解説します。

 

ドアのデザイン

玄関ドアが古臭くなっているなら、ドアのデザインを洗練されたものに変えましょう。

ドアが新しくおしゃれなものになっているだけでも、住宅のイメージは変わります。

昨今では窓付きやカラフルなものもあるので、住宅や入居者層に合わせて取り付けられます。

ファミリー向けや単身向けなどに合わせて、最適なデザインを選んでください。

 

自動ドア化

ドアの自動ドア化は必ず入居者の目に留まります。

なぜなら、賃貸住宅で玄関ドアを自動ドアにしているところはほとんどないからです。

さらに、利便性や防犯性の面でも喜ばれます。

弊社で取り扱っているスイングドアオペレーターであれば、後付け設置で費用を抑えられますのでぜひご検討ください。

 

賃貸住宅の空室対策で自動ドア化をおすすめしたい理由

弊社では現在取り付けられているドアに後付け設置で自動ドア化できる「スイングドアオペレーター」を取り扱っています。

大規模な工事の必要もなく予算も抑えられますので、ぜひ多くの賃貸住宅に取り付けていただきたいです。

そのほかにも賃貸住宅に取り付けるメリットを以下で解説しますので、ぜひご検討ください。

 

高齢者でも暮らしやすくなる

玄関を自動ドアにすれば、高齢者でも暮らしやすい住宅になります。

自動ドアにすれば荷物を多く持っていたり風がつよかったりする日でも、一人でドアを開閉できます。

昨今では高齢者の一人暮らしも増えていますので、高齢者の暮らしやすい玄関ドアは喜ばれること間違いありません。

 

次の入居者に引き継げる

弊社で取り扱っているスイングドアオペレーターは開閉回数100万回のテストにも合格している耐久性の高いものです。

ですから、一度取り付けておけば次の入居者にもそのまま引き継げます。

こまめなメンテナンスの必要ありませんので、かかる費用は最初の設置費用だけです。

 

空室対策の一歩として玄関ドアの改善を考えてみましょう

賃貸住宅の空室対策にはさまざまな方法がありますが、予算面などでお悩みならまずはドアの改善を検討しましょう。

ドアは住まいの顔ですから、中よりもまずはドアからです。

ぜひ少しでも入居者のために良い住宅にしようと考えていらっしゃるのであれば、玄関ドアを変えてみましょう。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

開き戸
自宅自動ドア設置は業者への依頼がおすすめ|自分でやらない方が良い理由
玄関を自動ドアに
自動ドアを安全に使うためのガイドブック|建物管理者向け
コラム一覧