コラム

スマートファクトリー化の5つの事前準備|導入前に設置すべき自動ドア

スマートファクトリー化の5つの事前準備|導入前に設置すべき自動ドア

昨今、AIやIoTを駆使して生産性を向上させるスマートファクトリーに注目されています。

DX化と似ていますが、スマートファクトリー化はDX化の一部と考えてください。

ただし、スマートファクトリー化を行う前に、行っておくべきことがあります。

工場のスマートファクトリー化を検討されている方は、まず事前準備をしっかり行いましょう。

本記事では、スマートファクトリー化の前に何をすべきか?について解説します。

DX前に導入しておくべき設備については、以下の記事も参考にしてください。

【DX化の必要なし】倉庫作業効率化の設備を導入する前に改善するべきポイント

 

スマートファクトリー実施の前に行うべきこと

スマートファクトリー実施の前に行うべきこと

スマートファクトリー化を進める前に、5つの準備を行いましょう。

経営陣の意向だけででいきなりスマートファクトリー化を進めても、上手くスマートファクトリーを活用できません。

最低限として、以下の準備が必要です。

  • 従業員への説明と理解
  • 目的・目標の設定
  • 現状の課題を分析
  • IT知識の学び
  • 社内の環境改善

なぜ、上記5つが必要になるのか、以下で解説します。

 

従業員への説明と理解

スマートファクトリー化を進めるには、従業員への説明を行い、理解を得てください。

従業員がスマートファクトリー化のメリットを感じられなければ、不満を感じられてしまったり元のシステムに戻ってしまったりします。

「なぜスマートファクトリーが必要なのか?」「スマートファクトリーでどのような効果を得られるのか?」を必ず説明してから、導入を進めましょう。

 

目的・目標の設定

スマートファクトリーは、目的を定めた上で実施してください。

なんとなく「注目されているから」では、求めている生産性の向上は期待できません。

「自社の何をどう改善したいのか」を明確にしてから、スマートファクトリー化を進めましょう。

 

現状の課題を分析

スマートファクトリー化を着実に進めていくのであれば、まずは現状の課題を分析しましょう。

スマートファクトリー化をいきなりすべてに導入すると、大きなコストがかかってしまうからです。

しかし、自社の課題を分析しておけば、必要な部分からスモールスタートでスマートファクトリー化を進めていけます。

「現在トラブルが起きやすい部分」「現在細かいデータが把握できていない部分」を見直して、一つずつ改善していきましょう。

 

IT知識の学び

スマートファクトリー化を進めるには、新しいシステムへの理解が必要です。

そのため、経営層から従業員まで、ITの知識を学ばなければいけません。

IT知識が乏しいままスマートファクトリー化を実施しても、新しいシステムに対応できず、宝の持ち腐れになってしまいます。

場合によっては、IT人材の採用も検討しましょう。

 

社内の環境改善

スマートファクトリー化で業務効率化を進める前に、社内環境の改善も見直してください。

どれだけ業務が効率的になっても、社内環境に不満を持った従業員ばかりでは、従業員の理解を得られません。

今後、工場を継続的に運営していくためにも、必ず社内環境の改善が求められます。

目先の「効率」や「利便性」だけではなく、これを機に社内環境を整えましょう。

 

工場導線に自動ドア設置もおすすめ

スマートファクトリー化を考えたとき、一番に目がいきやすいのは生産ラインですが、出入り口の利便性も検討してください。

出入り口や搬入経路などの導線が便利になるだけでも、生産性は向上します。

弊社の「スイングドアオペレーター」であれば、現在取り付けられている開き扉に後付けで自動ドアを設置できるので、コストも抑えられます。

スマートファクトリーの第一歩ともいえるので、ぜひ導入を検討してください。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

マンション派と戸建て派|マンションが選ばれるためには?
【自宅ドアを自動ドア化】自宅玄関ドアのリフォームはどんな種類がある?
帰る度にニヤリとしてしまうような幸せを感じられる玄関
自宅の自動ドア化が普及していない理由|現在の認知度も調査
コラム一覧