コラム

マンションのゴミ管理対策|ゴミステーションの種類一覧

マンションのゴミ管理対策|ゴミステーションの種類一覧

マンションのゴミ捨て場として、多く使われているのが、ゴミステーションです。

しかし、一重にゴミステーションと言っても、様々なものがあります。

そこで今回は、ゴミステーションの様々な種類について解説します。

最適なゴミステーションを選んで、ゴミの管理を進めていきましょう。

 

ゴミステーション全6種類

ゴミステーション全6種類

ゴミステーションの種類を、全6種類紹介します。

それぞれのゴミステーションは、特徴が異なります。

雪に強いものや多くのゴミを収納できるタイプなどさまざま。

ぜひ、以下を参考にして、ゴミステーションを選んでください。

 

ネットタイプ

マンションやアパートなど、一般的によく見かけられるのが、ネット型のゴミステーションです。

四角い枠に、ネットが張られているものになります。

ネット型は折り畳みが可能なものも多いので、使わないときには畳んでおけるのも一つの特徴。

安価なものが多いので、コストを抑えたい方におすすめです。

 

メッシュタイプ

主に金属で作られているメッシュタイプ。

ネット型よりも強度を重視したい人におすすめです。

メッシュになっていて通気性が良いので、臭いがこもらず、水洗いも簡単。

ゴミを捨てる部分の扉が若干重いデメリットはありますが、効率の良いゴミステーションと言えます。

 

密閉型

マンションや会社などに多いのが、密閉型のゴミステーションです。

中が見えない設計になっているので、建物の見た目を損ないません。

さらに、カラス対策、鍵をつければ不法投棄防止対策にもなります。

見た目や安全性を徹底するのであれば、密閉型がおすすめです。

 

プラスチック型

プラスチック型は、レストランなどの飲食店に多いゴミステーションです。

機密性が高い上に、扉も軽く、使いやすいのが特徴。

通気性が悪いため、臭いはこもってしまいますが、周囲とのトラブルを防げます。

金属よりも安価なのもポイントです。

 

小型タイプ

ご家庭や少人数向けとしておすすめなのが、小型タイプです。

1万円以下の安価なものなので、大きな集合住宅ではない人でも使えます。

ステンレスやアルミなどの種類も幅広いです。

 

屋根タイプ

屋根タイプは、天候の影響を受けないタイプのゴミステーションです。

とくに、降雪地域で多く使われています。

屋根・扉・壁と完全に密封になるため、安全の点は高いです。

しかし、完全密封で臭いがこもりやすいデメリットもあります。

 

ゴミステーションを選ぶ上でのポイント

ゴミステーションを選ぶ上でのポイント

数々のゴミステーションがあるなか、どのようなポイントでゴミステーションを選ぶべきか悩んでしまう人も多いでしょう。

基本的には、以下のポイントで考えてください。

  • 臭い対策
  • ゴミの量
  • 費用
  • 利用者の規模
  • 清潔さ
  • カラス対策
  • 不法投棄対策

たとえば、カラスや不法投棄対策として考えるのであれば、密閉型の方が良いですし、臭いがこもりにくくするならネットやメッシュが良いです。

ゴミの量によって大きさも変わってくるので、慎重に選んでください。

 

適切なゴミステーション設置でゴミのトラブル解消

適切なゴミステーション設置でゴミのトラブル解消

ゴミステーションを設置すれば、集合住宅のゴミのトラブルを減らせるでしょう。

現在、ゴミ捨て場にネットをかけているだけの状態であれば、ゴミステーションの設置を検討してみてください。

安いものであれば1万円ほどから購入できます。

ただし、大規模なマンションになると、ゴミステーションだけでは対応できないので、室内型のゴミ捨て場を用意した方が良いでしょう。

マンションやアパートの規模に合わせて、ゴミ捨て場の規模も検討してください。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

電話での相談はもちろん、助成金に関することもお気軽にご相談ください。

また、 コロナウィルスの影響により、実際に店舗まで行くのを躊躇ってしまう方もいるでしょう。

当社はオンライン対応していますので、実際にどんな仕上がりになるのか気になる場合は、オンラインでご説明します。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

【自動ドアの仕組み】自動ドアの基本構造とセンサーの種類を解説
マンション派と戸建て派|マンションが選ばれるためには?
自動ドアって安全?JADA(全国自動ドア協会)が定める自動ドア安全基準を解説
自宅ドアから感染症を防ぐ4つの方法
コラム一覧