コラム

物流倉庫の人手不足解決方法5つ

物流倉庫は、深刻な人手不足に陥っています。

少子高齢化や待遇などが主な原因です。

そのため、人手不足で物流倉庫の業務がスムーズに進まない企業もあるでしょう。

そこで今回は、物流倉庫の人手不足解決方法について、解説します。

 

物流倉庫の人手不足解決方法

物流倉庫の人手不足解決方法として、以下の6つが考えられます。

  • 女性やシニア世代の積極採用
  • 外国人雇用
  • 待遇の改善
  • 採用方法の改善
  • 管理システムの導入
  • ロボットの導入

以下で、それぞれの人手不足解決方法の特徴などについて解説するので、ぜひ人材で困っている物流倉庫は、参考にしてください。

 

女性やシニア世代の積極採用

最も効果が早く見える人材不足解決方法としては、これまで採用していなかった人材を積極採用する方法です。

物流倉庫の仕事は、腕力や体力が必要なイメージなので、女性やシニア世代の採用を行っていない企業がほとんどでした。

しかし、実際の業務内容のなかには、腕力や体力をそこまで伴わない仕事もあります。

まずは採用の幅を広げて、人材不足を解消しましょう。

 

外国人雇用

人手不足で悩んでいる業界は、外国人雇用を積極的に行っています。

現在(2023年1月)では、人手不足が深刻な状況だと認められている14業種については、外国人就労を解禁する制度があります。

倉庫業については認められていませんが、今後認められる可能性が高いです。

外国人就労が認められれば、人材不足を緩和できるようになるでしょう。

 

待遇の改善

離職率を防ぐために、労働環境や待遇の改善を行いましょう。

待遇の改善と聞くと「給与のアップ」をイメ―ジするかもしれませんが、給与アップだけが待遇改善ではありません。

残業時間を減らしたり、労働時間を短縮したりなど、様々な観点から待遇の改善はできます。

また、働きやすい環境を整えておくと、求職者からの印象が良くなり、応募の増加にもつながります。

 

採用方法の改善

人手不足で悩んでいる企業は、採用段階で上手くいっていない可能性があります。

採用について、以下の点を見直してみましょう。

  • 企業の知名度があるか?
  • 採用ノウハウが構築されているか?
  • 求人広告は効果的に使えているか?

採用に関するコンサルティングなどもいるので、採用方法の見直しも検討してみてください。

 

管理システムの導入

昨今、人材不足の物流倉庫で多く導入されているのが、管理システムの導入です。

システムを導入すれば、業務効率化につながるため、必要最低限の人数で稼働できます。

これまでの管理業務の手間も削減できるので、管理者の負担も減らせるでしょう。

導入コストはかかってしまいますが、長期的に見ればコスト削減にもつながります。

 

ロボットの導入

管理システムの導入などと合わせて、ロボットの導入も注目されています。

物流倉庫のロボットは、以下のような業務が可能です。

  • 搬送・移動
  • ピッキング
  • 棚卸などの効率化

導入コストはかかりますが、人材不足解決の強い味方になってくれます。

物流ロボット導入の課題や注意すべきポイント

 

物流倉庫の人材不足はIT化がおすすめ

物流倉庫の人材不足については、IT化が一番おすすめです。

新しい人材を獲得する方法もありますが、離職の可能性も考えると、いつまでも安心できる方法ではありません。

システム導入やロボットなどのIT化であれば、離職や休みなどがなく、いつでも稼働可能です。

ぜひ、人材不足で悩んでいる物流倉庫は、IT化を検討してみましょう。

 

物流倉庫の効率化に自動ドアもおすすめ

物流倉庫の効率化を行う上で、自動ドアの導入もご検討ください。

自動ドアの導入は、ロボットを導入した際の、移動をスムーズにするためにも使えます。

弊社では、開き戸に後付けで設置できる「スイングドアオペレーター」を取り扱っています。

現在のドアにそのまま取り付けられるので、少しでも効率化を進めたい場合に、ぜひ導入を検討してみてください。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

賃貸物件空き室対策にも使える開き戸自動ドア|入居者の求める設備
【自宅ドアを自動ドア化】自宅玄関ドアのリフォームはどんな種類がある?
開き扉用自動ドア
【最新】最前線の倉庫の自動化事例
コラム一覧