コラム

レストランの配膳ロボットの出入りで厨房を見えなくするための方法

レストランの配膳ロボットの出入りで厨房を見えなくするための方法

昨今のレストランでは、配膳ロボットが多く導入されています。

これまでスタッフが配膳していた部分をロボットが行うため、大きな業務効率に繋がっているでしょう。

しかし、配膳ロボットは厨房と客席を出入りするために、客席からの見た目が悪くなってしまう懸念点があります。

そこで今回は、配膳ロボットの出入りで厨房を見えなくするための方法について解説します。

配膳ロボットのメリット・デメリットについてはこれまでも解説しているので、以下の記事も参考にしてください。

 

レストランで厨房が見えてしまうデメリット

レストランで厨房が見えてしまうデメリット

レストランで厨房が見えてしまうのは、必ずしもデメリットではありません。

オープンキッチンのように、あえて厨房を見せているレストランもあるほどです。

しかし、元々オープンキッチンではないレストランの場合、以下のようなデメリットが発生してしまうでしょう。

  • 厨房の忙しさが客席に見えてしまう
  • 客席からの見た目に気を使わなければいけない手間が発生してしまう

それぞれのデメリットについて、以下で具体的に解説します。

 

厨房の忙しさが見えてしまう

客席から厨房が覗けるようになってしまうと、厨房の忙しさが客席に伝わってしまいます。

決してデメリットだけではありませんが、忙しいバタバタしている時間などは、マイナスに感じられてしまう部分もあるでしょう。

また、声も聞こえやすいので、厨房のバタバタしたやり取りが客席に聞かれてしまう可能性もあります。

 

客席からの見た目に気を使わなければいけない手間が発生してしまう

上記の「厨房の忙しさが見えてしまう」の改善点として、従業員それぞれが動きや見た目に気を付けるといった行動が考えられます。

しかし、従業員からすれば「動きや見た目に気を使う」といった、新しい業務が発生してしまうのです。

配膳ロボで業務効率を図るはずが、結果的に新しい業務が増えてしまうので、デメリット捉えられてしまう可能性があるでしょう。

 

配膳ロボの出入りで見えてしまう厨房を隠す方法

配膳ロボの出入りで見えてしまう厨房を隠す方法

配膳ロボは、ドアの開閉までは行えません。

そのため、厨房と客席のドアを常に開けっ放しにしておく必要があります。

しかし、開けっ放しにしてしまうと厨房が見えてしまい、デメリットになる場合もあるでしょう。

そこで、厨房を隠す方法について、いくつかを解説します。

ぜひ配膳ロボの導入で悩んでいる飲食店は、参考にしてください。

 

のれんやカーテンをつける

厨房を見えなくするための簡単な方法として、のれんやカーテンをつける方法があります。

のれんやカーテンであれば、厨房の中は見えませんし、配膳ロボの出入りも可能です。

しかし、厨房の声は聞こえやすくなってしまうので、完全な対策とは言えないでしょう。

 

ドアを毎回開閉する

手間のかかる方法ではありますが、厨房を隠すなら、毎回ドアの開閉を行いましょう。

ただし、配膳ロボが出入りするたびにドアを開閉するので、結果的に従業員の手間はかかってしまいます。

 

自動ドアの設置

厨房と客席の間のドアを自動ドアにする方法もおすすめです。

自動ドアにしてしまえば、客席から厨房が見える心配はなく、従業員の手間もかかりません。

配膳ロボの出入りも可能なので、最も最適な方法と言えるでしょう。

 

厨房と客席の自動ドア化はご相談ください

スイングドアオペレーター

配膳ロボの出入りをスムーズにするかつ、厨房を隠すなら、自動ドア化がおすすめです。

自動ドアを導入するとなると、費用の面や工事などで不安になる店舗も多いかもしれません。

しかし、弊社で取り扱っているスイングドアオペレーターであれば、既存のドアに取り付け可能で、工事も1日で済みます。

ドアごと取り替える必要はないので、費用負担も抑えられます。

ぜひこれから配膳ロボの導入を検討している店舗も、合わせてスイングドアオペレーターの取り付けを検討してみてください。

 

システムクリエーションでは開き戸自動ドア導入を徹底サポートします

 

弊社システムクリエーションでは、開き戸の自動ドア導入に関して徹底サポートを心掛けています。

開き戸の自動ドア化に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談はコチラから

 

こちらの記事も参考にしてください。

執筆者:酒井 将之

代表の酒井です。 10年前にスイングドアオペレーターを知り、この自動ドアに感動しました。この自動ドアをたくさんの人に知らせたいと思い、独立しました。開き扉用の自動ドアの有効性や安全性を含むいろいろな性能について熟知していますので、弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に合った使い方でより、コストパフォーマンスの優れたご提案ができると自負しております。ぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

おすすめの玄関リノベーション方法5選|使いやすい玄関にするためには
【2022年最新】自動開き戸の開発・販売を行っているメーカー一覧
顔認証自動ドア
コラム一覧